なぜ記念切手は普通の切手より買取価格が不利

切手の乱発がコレクター離れを招いた

記念行事があったときにはよく記念切手が発売されますよね。

もしかしたら家に記念切手が眠っているという人も案外多いのではないでしょうか。

でも記念切手といえど、使わなければ意味がありません。

不用になったら切手の買取をしてもらいたくなると思います。

しかし、記念切手は普通切手と比べて買取額がグッと下がってしまいます。

記念なのにどうして?と思ってしまうかもしれませんね。

いったいどうして普通切手よりも買取率が低いのでしょうか。

昔の話になりますが、郵政省が記念切手を乱発した時期がありました。

記念行事が重なったとはいえ、かなりの数が市場に出回ったといわれています。

そし後しばらく記念切手の乱発が続きます。

もちろん切手のコレクターがこれを見逃すわけはありません。

コレクターたちはどんどん記念切手を購入し、コレクションをしていきました。

しかしコレクターにも限界があります。

切手を買うための資金が徐々に無くなっていったんです。

そういった状態がしばらく続き、そしてコレクターも離れていってしまいました。

切手の乱発しすぎがコレクター離れを招いてしまった結果、買取率に影響を与えてしまったのです。

ネット上の口コミを見ても買取率が低いことがわかります。

もし記念切手を買取してもらいたいときは、スピード買取.jpのような大手に査定を依頼してみてください。