記念切手を額面で買取してくれるところがある?

金券ショップで切手を売ることは正しい?

切手や記念切手の買取をしてもらうとき、ほとんどの人が専門の業者に依頼しますよね。

プロの鑑定士に任せることができるので安心感があると思います。

でもそんな暇はないし、近所の金券ショップで売ってしまいたい…。

そう考える人も中にはいると思います。

金券ショップでは、ギフトカードなどの各種金券の買取をしてもらうことができます。

もちろん切手も基本的に買取はしてもらえます。

各種金券ショップの口コミやサイトを見ても、切手を売った人の体験談を読むことができます。

比較的大きな都市では駅前によくあるため、手軽に立ち寄りやすいのも利点だと思います。

でも金券ショップで切手を買い取ってもらう場合は若干注意が必要です。

なぜならプレミアが付いた切手でも、額面以下の金額で買取となってしまうからです。

たとえ記念切手でも同じ買取額となります。

一部例外の金券ショップもありますが、ほとんど一律で額面以下と考えるのがいいと思います。

切手の買取業者も基本的に記念切手は額割れです。

しかし金券ショップと違い、プレミアものに関しては額面以上で買取をしてくれるかもしれません。

切手や記念切手は金券ショップで売るよりも、切手買取の専門業者に依頼するのがおすすめです。

プロが査定をしているので安心できますし、買取額も金券ショップ以上になることがあります。

こういう記念切手は価値がありますか?

使用済み切手の方がレアな可能性も

皆さんは記念切手が貼られた手紙やはがきをもらったことはありませんか?

ちょっと珍しい切手だなと思ったら実は記念切手だったということもよくあります。

ぱっと見たとき、こういった記念切手は価値がないと思ってしまいますよね。

でも未使用の記念切手より価値があるケースもあるんです。

一般的に私達が生活で使うものは使用済みよりも未使用の物の方が価値はあります。

新品より中古のほうが安いのですから、これは当然かもしれません。

しかし切手の場合は消印が押されているほうがレアなこともあるんです。

切手そのものに価値があるからなんですね。

もしかしたらはがきについてるその切手が思わぬプレミアものという可能性も考えられます。

また、同じ柄の切手でも使用済みのほうが価値がある場合もあります。

切手を買取してもらったときに気づくという人も、口コミを見る限り少なくはないようです。

買取額に違いがあったときは上記のケースが当てはまるかもしれません。

業者によってはこういった切手だけ買取率が違うこともあります。

もし使用済みの記念切手などがあったら、一度大手に査定を依頼してみてもいいかもしれませんね。

査定が終わったときにそのことを教えてくれるかもしれません。

記念切手の価値を教えて

東京オリンピックより前の記念切手に注目

記念切手は価値があると考えている人は結構多いと思います。

なにかの記念で発売された切手ですし、ちょっとした限定ものですよね。

でも記念切手は普通の切手と比べて考えている以上に価値が低いんです。

これを聞いて思わず「えっ?」と思ってしまうかもしれませんね。

もう昔の話になりますが郵政省が記念切手を大量に乱発した時期がありました。

この影響で記念切手を買取してくれる業者でも、少し買取率が低めに設定されています。

もちろん記念切手のコレクターが離れてしまったことも影響しています。

このようなことがあり、記念切手自体にはほとんど価値がありません。

しかし、記念切手とはいえ一部の切手には価値があります。

東京オリンピックよりも前の記念切手です。

この頃は切手や記念切手そのものがあまり残っていません。

その影響があって、この頃の切手は少し価値が高くなっています。

買取のときもほかより少し買取額が高くなる可能性もあります。

でも東京オリンピック以前の記念切手を持っている人は少ないかもしれません。

もし持っている場合は買取や査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

口コミを探しても記念切手を買取してもらった人は結構多くいます。

それを参考に業者を選んでもいいかもしれません。