こういう記念切手は価値がありますか?

使用済み切手の方がレアな可能性も

皆さんは記念切手が貼られた手紙やはがきをもらったことはありませんか?

ちょっと珍しい切手だなと思ったら実は記念切手だったということもよくあります。

ぱっと見たとき、こういった記念切手は価値がないと思ってしまいますよね。

でも未使用の記念切手より価値があるケースもあるんです。

一般的に私達が生活で使うものは使用済みよりも未使用の物の方が価値はあります。

新品より中古のほうが安いのですから、これは当然かもしれません。

しかし切手の場合は消印が押されているほうがレアなこともあるんです。

切手そのものに価値があるからなんですね。

もしかしたらはがきについてるその切手が思わぬプレミアものという可能性も考えられます。

また、同じ柄の切手でも使用済みのほうが価値がある場合もあります。

切手を買取してもらったときに気づくという人も、口コミを見る限り少なくはないようです。

買取額に違いがあったときは上記のケースが当てはまるかもしれません。

業者によってはこういった切手だけ買取率が違うこともあります。

もし使用済みの記念切手などがあったら、一度大手に査定を依頼してみてもいいかもしれませんね。

査定が終わったときにそのことを教えてくれるかもしれません。